FC2ブログ
プロフィール

さおみー

Author:さおみー
福岡県出身。ハロウィン生まれ。生物学的に見ると女。
音楽聴いたりパソコンいじったりするのが好き。TwitterTM BOXにも出没中。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
Twitter
pixiv投稿物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムアタックとか好きなもので

パルビィアドベンチャー(略してパルアド)
プレイしてくれてるという以上に、やり込んでくれてる人が数人いてすごく嬉しい(´;ω;`)
ベータ版ではスコア要素薄くて本当に申し訳ないと伝えたい…!!


pixivにて、

はぐれCPUをスコア5006で撃破しました

というコメントをいただいたので、

作者がその記録を抜かせないのはおかしいだろうという勝手な解釈をしたところ、
ベータ版環境で何度かやってみた。

無題6
HP5じゃさすがにキツイ

無題5
このプレイは なかったことにしなんと


装備としては、
フレイムシールド・シンマ・HP1とSP15(HP1だったら無敵時間延長の意味ないしね…)
でプレイ。


無題3


無題


無題1


無題2

開始15回目くらいにきたっ!!!


5000点うんぬん以前に10秒の壁があるよねこれ
9秒台取った人とか気になる。

もっぱらタイムアタックに使われてるはぐれCPUよ




名前が名前だし気づいた人もいるんだろうけど、
ロストスキルのサーバーにある有料プラグイン「シンマ」で発動できる「ドレインスフィア」は
敵に接触させると通常攻撃1回分のダメージを与えるとともに、
敵本体・ショット問わず1回の敵の接触につきSPが1回復します。
触れたモノのエネルギーを吸い取ってるようなイメージ。

ドレインスフィア自体にもHPがあるし時間経過で消えてしまうけれど、
ショットが激しいボスの目の前に多めに設置しとけばSPが一気に全快するし、
5回使って発動できる青い光ループもできる…かな。
ボス戦におすすめしたいのはこういうところ。

フレイムシールドでよくね?とか言うなw



さて、


無題4

5008が出ました…と言いたいところだけど、
これ隠しコマンドで倒したからノーカウントにしようかな。
隠しコマンドに気付いた人なんているんだろうか。ひょっとしたらブースター状態で偶然発生した人もいるかもしれない。
しかし破れぬ10秒の壁



ちなみに、

以前の記事でスコアのシステムにバグがあることをコメントでご指摘いただきまして…

修正をかけたところ、もらえるスコアがベータ版と比べて大幅に(約7割程度に)低下しました。

ということで、こんな記事つくったけれど、
次verのはぐれCPUではどうあがいても5000点はでなくなります。
頑張って3500点くらいかなあ…
しかしもちろん10秒の壁は健在です。
スポンサーサイト

パルアド終わったらこれ次作ですとか言いたい

そうそう、


無題5


無題9


無題8


無題10


無題6


これも頂き物だけど、
この辺使って本格的にアクションゲーム作ったら某フリゲの派生風で面白そうじゃね?
ゆXXxき派生アクションとかやってみたい。


と言いたいだけで記事を1つ使うとは…

素材レベルではできてるといっても

無題12

ボスキャラ作成なう…
なんだけど、



無題3

無題4

無題2



デフォ素材(ツクールでいうところのRTP)+αでなんか作ってみたり。
素材がツクールレベルによけりゃいいんだけど、むちゃくちゃチープだからこれでゲーム作ろうとも思えないのが難点。




今でも使ってる部分は多くあるから、いずれ自分で描いて修正したいところなんだけど、
自作グラというのもなかなか手間がかかるものだ。


ところで
制作始めたのは去年の12月って以前書いたけど、
おおもとになるデータソースは更に前に貰ったり作ったりしてたから、実質の制作期間はもっと長くなる。

ソースくれた某SNSで関わりあった人は謎の失踪。
もう誰にも頼れないわけで、ここからは本当に一人で作らないといけない。

でもまあ、自由に作れるからね…




なんだこの意味深な記事ww

パルビィアドベンチャー ベータ版



pixiv等で告知したとおり、

作っていたゲームが体験版レベルでできたんですが…

そりゃそうだろう、

概要も分からないし、
まして無名の作者が作ったゲームなんてプレイしたくないですよね。

ダウンロード数2件という寂しい状況なので、

自分でプレイ動画撮ってYouTubeに投稿しました。
いちおう3ステージ、そして2ボスまで攻略してる内容ということで。

PCを変えたからという言い訳をしようとしてるけど、
あんたホントに作者かと言いたくなるような微妙プレイを見てくれ。



正直1回死んだので2テイク取ったとは言えない
お試しプレイといいながらスーパープレイを見せるよりはいいだろうそうだろう。


強力な技でガンガン倒して進むのもよし、
通常攻撃でポチポチじっくり倒していくのもよし、
ベータ版でも実装してたと思うけど、ぬるゲーじゃこりゃと思うならHPを1にして進行するのもよし、
難易度はプレイヤーさん自身で調整されてくださいというコンセプト。

アクション苦手な方は最初は苦労するかもしれないけど、
自分が使いやすいプラグイン(技を習得するアイテム)を見つけて頑張ってー、ってかんじかな?
ゲームオーバーとかアウト時のペナルティとかはないので何度も行ってみよう。
難しすぎたらここのコメントでもメールでもいいのでご意見ください。お待ちしてます。


ここまでやったんだからもう2件くらい増えてもいいだろう、
DLリンクもう一度貼ろう。

http://www1.axfc.net/u/3457634.zip パス:magilogi

プレイしてくれたら嬉しいなーと。

【悲報】←これが必要かは分からないけど

ご無沙汰してます。

ブログが広告に浸食されてるのに気付きつつも、
大したネタがないから何も書けず…



と書き込みつつ、

いきなりこんな宣言をするのもどうかとは思いますが…


Magical×Logical
のゲームの制作プロジェクトを凍結しようと思います。



理由としては、

・仕事が忙しくてゲームを作るための時間がとれない
・ゲーム制作以外の趣味活動に時間を使いたい
・そもそもRPGの製作というものをなめていた



…というのはただの言い訳


ゲーム制作に対する自分自身の関心や態度に疑問を感じずにいられなくなったためです。


もう何というか、

私がこのゲームを作りました、この私がですよ」と言いたいだけ。



「自分で作ったゲームを皆さんにプレイしてもらいたい」、
こんなの綺麗な言い方してるだけで、
心の奥の感情ではドヤ顔したい、ただそれだけ。




自分が事あるごとに「○○に対する愛を感じる」って書き込む癖があるようだけど、
こんな感情のまま作ったって、愛情も何もこめられない。

作ったゲームを、人からすごいと言われたいがための媒体というか道具にしてるようなものだわ。

そんなゲームが面白くてたまるかい。ただの冒涜やないか。





という決定にもきっかけがあって。

ここでもさんざんネタにしてるけど、
pixivで2キャラだけアップした、国道擬人化キャラの制作、これが素直に楽しいことに気づいた。

表現したい要素をどう組み込んで、どう具現化するか、ゲーム制作の本質にも共通するものがあると思う。
でも私の場合、明らかにゲーム製作にかかってるときのそれとは違うものがある。
中でも大きく違うのは、
他人からの評価じゃなくて、いかに自分が楽しめるか、それにウエイトを置いてること。
画力もデザイン力も別にいいから、とにかくやってみよう!ってかんじ。


このジャンル(国道擬人化)は、見た感じ5人もいないだろう少人数がpixiv内でアップしてるけど、
それぞれがどういう目線で何をコンセプトにデザインしたのか、気になる。
オブラートに包まない言い方をしたら理解できないものばかり。いい意味で。
人間十人十色だし、同じものをターゲットにしても全く違う視点で見ているんだろう。

二次元の世界ではなく、国道はモノとして堂々と現実に存在こそしているけれど、
概念的な要素も含めばすごく曖昧な存在。だからこそマイナーな趣味なんだろうし。
作った本人にメッセージ送っちゃいなよ~ってところだけど…


とにかく他人が作ったものにも興味がある。

他人のゲームなんておそらくどうでもよかっただろう。


ジャンル自体が非常にマイナーだから、便乗してくれる人がいるとはあまり思えないけど、
なじみのある国道どれでもいいから擬人化してpixivとかにアップするといいと思うよ。
って素直に思う。割とマジで。

あなたもゲーム作ってみない?とは絶対に言わなかっただろう。



楽しみながら作り、共有し合う

創作ってこうあるべきなのかな
、と。



おそらく「やる気ないならやめてしまえ」と思われていた方もいらっしゃると思います。



意識が変わるまで、ゲームのプロジェクトは凍結の方針でいこうと思っています。

応援してくださった方、本当にありがとうございます。
楽しみにされていた方、こんな決定を下してしまって本当にごめんなさい。




…というと今まで作ったキャラが報われないので、

今後、考えていたMagical×Logicalの世界観をイラストなりで表現していけたらと。
アイリとパルビィとその御一行が活躍するワンシーンみたいなものは頭に描いていたので。

いずれ考え方が変わって、
ゲーム作りたい、って素直に思えたらそのときに…って考え方自体が甘い!


以上。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。